IP無線機と携帯電話の違い

IP無線機と携帯電話の違い

IP無線機と携帯電話の違い 世界的に普及している携帯電話やパソコンは、通信手段という役割に加えてインターネットへの接続や多種のコンテンツへのアクセスを可能としています。私たちは聴覚情報や視覚情報など、多種の情報を受け取っていると言えます。
一方IP無線機は、音声を送受信するためのツールとして開発されました。当初軍事目的として開発され、その目的通り戦争などで用いられた過去もあります。しかし、現在では航空や鉄道といった交通の分野で、離れた場所にいる人同士を結び付ける役割を果たしています。さらに、機器本体にアンテナが付いており、電波を拾うことができます。
このことを踏まえると、IP無線機と携帯電話の大きな違いは仕事のために使われるか、趣味や娯楽のために使われるかということになります。ただし、連絡を取り合うという点に関しては、両者共通しています。また、現代の情報化社会ではこれらの機械を進化させたようなツールが登場することも夢ではないと思われます。

IP無線機を使えば複数の無線機と情報を共有できる

IP無線機を使えば複数の無線機と情報を共有できる IP無線機とは携帯電話会社の電波網を利用した無線機のことで免許不要、届出不要で電波の届くところであれば通話や通信をすることができるものです。IP無線機を利用するためには携帯電話会社に加入する必要があります。多くは機器はレンタルで利用者は通信量を月々の費用が発生しますが、加入者同時であれば離れた場所であっても利用することができ、極端なことを言えばIP無線機を使えば北海道と沖縄との通信も出来ます。それに費用は常時接続が基本ですから携帯電話を無線機の代用として利用するよりもコスト面で少なくすみます。
IP無線機を導入する理由としては、従来の無線機の代わりに行うものです。携帯電話とは異なり複数の無線機に対して通話が出来ることであり、常時接続ですから呼び出しも行えます。また相手が無線機に電源を入れていないといったことなども知ることができます。このほかにも通話のほかにもデータの通信も出来ますから情報を共有するといったことも可能です。